光に当たることで人間は時間調整を行っています

私たちの生活する「時間」は太陽によって支配されています。一年の長さは、地球が太陽の周りを回る周期ですし、一日の長さは、太陽が昇って沈みまた昇るまでの時間です。時間が流れていることを人間が肌で感じられるのも、太陽のおかげなのかもしれません。もし一日中ずっと明るかったり、暗かったりすれば時間がどのくらいたったのか分かりにくいでしょう。

一日中暗い部屋に閉じこもっていたら、今が何時なのかは時計を見ない限り分かりません。ただ、まったく時計を見なくても、大ざっぱには今が何時ころなのかは感じられるように人間はできています。実際に人を外が見られない部屋に閉じ込めて数日過ごさせてみると、個人差はありますが、だいたい25時間の周期で活動するようになるそうです。

この人間の体の中にもともと備わっている時間をはかる機能のことを体内時計と言います。体内時計は1日をだいたい25時間前後と感じるようにできています。

≪体内時計は人間が固有に持っているリズム≫

人は朝起きて夜眠るというリズムを持っていますが、これには2つの理由があります。ひとつは昼間の活動によってピークに達した疲れを夜に回復するために眠くなるというもの。もうひとつは、体内時計が睡眠と希少というリズムをもともと持っているというもの。

しかし、体内時計は25時間前後ですので、どうしても1日に1時間程度遅れてしまいます。放っておくとどんどん遅れてしまうので、それを毎日正しい時間に調整しているのが、社会的活動です。

≪太陽の光が、人間の活動リズムを調整しています≫

朝になると起床して、会社や学校に行き、一定の時間になると食事をしたり、運動したり、熱くなったり寒くなったりという日常生活が、体内時計の調整に大きな役割を果たしています。環境がひとのリズムをつくっているのです。そして、それらに加えて一番大きな役割を果たしていると考えられるのが、日光です。太陽の光を浴びることで体内時計はリセットされ、正しい時間に会わせられます。

1時間遅れていた体内時計は太陽の光によって1時間進められ実際の時刻とマッチします。これによって毎日同じ時間に眠くなり、同じ時間に起きたり、おなかを空かしたりというリズムが生まれます。

逆に、太陽に当たらないまま何日も過ごしたり、不規則な生活や睡眠を繰り返していたりすると、体内時計が調整できなくなってしまいます。体が「今何時?」と混乱状態におちいってしまうため、体調が悪くなってしまうこともあるのです。食事を毎食同じ時間にとったり、日中体を動かしたりすることが、体内時計の調整に役立ちます。規則正しい生活をすることは、体内時計をマッチさせ健康を維持するために必要な行動なのです。

人間の体には体内時計が備わっています。1日に25時間程度と実際の時間よりも少し長い時計なので、毎日規則正しい生活を送ることで、微調整をしなければなりません。それには太陽の光が大きく関わっていますので、日の光を浴びることも大切です。



Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.