新しい太陽の光をたっぷり浴びましょう

地球は一日で1回自転します。1日とは地球の自転する時間をさし、それは24時間です。ところが、人が体の中にもともと持っている体内時計はおよそ25時間の周期です。個人差もありますので、すべての人が同じ時間ではありません。24時間半の人もいれば、25時間半の人もいるでしょう。

どうして実際の1日の長さと、体内時計との間にズレがあるのかはわかっていませんが、このズレを調整しないと生活しにくくなることははっきりしています。それを調整するのに、大きな役割を果たすのが太陽の光です。

≪朝起きた時に浴びる日の光が、夜の眠りをスムーズにします≫

睡眠は、体温のリズムや、ホルモン分泌のリズムによっても起こりますし、体内時計によってもコントロールされています。一定の時間になると、たとえ疲れていなくても眠くなるのは体内時計が働いているからです。毎朝同じ時刻に起きて朝の光を浴びると体内のリズムが整って、夜もだいたい同じ時刻に眠くなります。

睡眠のリズムに影響を与えるものに、メラトニンというホルモンがありますが、メラトニンは朝日を浴びると14時間後に分泌が始まります。その量が増えると眠気が強くなり、スムーズに眠れるというわけです。ですので、朝起きた時に、日の光を浴びることが、夜の睡眠にとても良いのです。

≪朝起きたら、まずはカーテンを開けること≫

起きた時には、カーテンを開けて太陽の光をあびると、とても健康的なリズムを作ることができるようになります。太陽を見つめたりする必要はありません。自然光を30分程度浴びるだけで十分です。直射日光の入らない部屋で過ごしている人の場合には、家の外に出て散歩をするなど、朝日を浴びる生活習慣をつくると良いでしょう。

一番良いのは朝の6時から8時ころまでの光です。この時間帯に日の光を浴びないと体内時計の調整が難しくなり、リズムが乱れやすくなります。お酒を飲んだりして夜眠るのが遅かったときでも、朝は普段通り起きて日の光を浴びることが、健康のリズムを整える上では大切です。

≪生活のリズムを整えることも大切です≫

毎日同じ行動をすることも、リズムを整える働きがあります。同じ時間に起床して、同じ時刻に会社や学校に行くという社会的環境が体内時計の調整に役立つのです。

逆にいえば、毎日同じ時刻に学校や会社に行く必要のない生活をしている人は、体内時計の調整が難しくなる可能性があります。睡眠障害になってしまうリスクもありますので、外出するスケジュールがなくても、毎朝同じ時刻に起きて、散歩するなどのルーティーンの生活行動を定めておくと良いでしょう。

人間の体内時計は太陽の光によってリセットされます。早朝の日光が体の中のホルモンの分泌をコントロールして、夜には一定の時間になると眠くなるようにできています。また、会社に行くなどの決まりきった生活行動もリズムを作るために役立ちます。生活習慣を整えることで、安眠生活を手に入れましょう。

参考:⇒すぐできるメラトニン快眠法|All About



Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.