好きな人と一緒に夜を過ごそう

眠れなくて辛い日々をお過ごしのあなたへ。1人で眠るより、大事な誰かと一緒に過ごしませんか?1人でいると不安な気持ちが支配して、余計眠れなくなるという状況を作り出しているのかもしれません。

もし、あなたに大事な人がいる場合、その人に一夜だけでも寄り添ってもらってはどうでしょう。人のぬくもりに触れることで、体全体がリラックスし、いつの間にか眠りについていた、なんてことも期待できるのではないでしょうか。

≪夜という暗い世界≫

物事には光と影があるように、1日には昼と夜があります。太陽が照らす昼の世界は、自然と心も前向きになり、活動的に動けるものです。しかし、日が沈んだ夜の世界に入ると、気分は下がりがち、何をやるにも億劫、という方は多いのではないでしょうか。

事実、太陽の光が人間の精神状態に与える影響について、科学的な解明が進んでいます。日光時間が少ない北国に住んでいる人ほど、うつ病にかかりやすいという医学的事実がその一例です。夜うつという言葉もあるように、夜の世界は視界的に暗いだけでなく、気持ちのうえでも暗くさせる闇の力が潜んでいるといえるでしょう。

≪不安にならないためにも、誰かと一緒に≫

夜になると、自然と不安になり、ベッドに入っても落ち着かず、眠れない。不安な精神の状態が原因で、不眠になっている人も中にはいるでしょう。そんな方は、誰かと一緒に夜を過ごす生活をお勧めしたいです。

愛する人と一緒だと、布団の中の温度だけでなく、心の中も暖まるでしょう。忙しくてなかなか合う時間もない、とお悩みだった方は、これを口実に恋人を近づけるチャンスです。ぜひ、今夜あたり誘ってみてはいかがでしょうか。

≪膝枕で寝てみる≫

睡眠をとるのは、何もベッドの上や畳の布団の中だけとは限りません。女性の膝枕という場所も、立派な寝場所です。恋人同士だからこそ可能となる素敵な寝室といってもいいでしょう。

ベッドの上で抱き合っても眠れない人は、一度ベッドから出て、恋人に「君の膝枕の上で寝てみたい」と囁いてみてはいかがでしょう。彼女の膝、その暖かい皮膚から不思議なアルファ波が出てくるかもしれません。ついでに耳掃除もやってもらって、一夜を甘えた気分で過ごすのもアリです。

≪もちろん、セックスに燃えるのもあり≫

恋人同士がベッドを共にするわけですから、2人ともすぐ就寝につくほうが不自然といえるでしょう。そこは2人だけの世界、誰に遠慮することもなく、思う存分愛を確かめ合ってください。そして、めいいっぱい体を使って疲れ果てれば、事後は自然と眠りに入っているかもしれません。

ここで注意して欲しいのは、必ずしもあそこの機能が万全ではない、ということです。特に不眠症でお悩みの方は、体のいろいろな機能の低下が想像されるため、ED障害という事態も考えられます。

そのような不測の事態も想定し、夜を迎える前にED治療薬のレビトラを準備しておくといいでしょう。備えあれば憂いなしといいますので、たとえ自信があったとしても万が一彼女をがっかりさせることがないよう、危機管理だけはしっかりやっておいて損はありません。

同じ眠れない夜でも、心だけはふさぎ込まず、できるだけ楽しくありたいものです。せめて気分だけでも良好に保てば、精神状態も徐々に改善へと向かい、やがて健全な睡眠を取り戻せるかもしれませんよ。

Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.