仲睦まじく交われば

寝入りの儀式には、セックスが最適!? 男性にとって1回のセックスは、4キロのマラソンと同じ運動量とも言われています。女性も心が落ち着き、寝付きやすくなるセックス…コスチュームやロケーションを工夫して、いざ!

寝入りのためには、性欲を発散するのも大切なことです。たとえムラムラしていないときでも、男性ならば射精するだけでずいぶんと心が落ち着きます。パートナーを誘って、セックスしてみましょう。頭も体も軽くなって、そのまま自然に安眠できるはずです。

≪ベッドの上のプチマラソン≫

多説ありますが、男性にとって1回のセックスは、約4キロのマラソンに匹敵すると言われています。それだけ走れば、当然誰でも疲れますよね。余分なエネルギーが溜まっていて眠れない夜も、ままあります。そんなときには、手軽に、そして気持ち良く運動できるセックスが1番です。

特にデスクワークの方は、普段から体を動かす機会も少なく、体力的な余裕を残した状態でベッドに入っていることも多いはず。妻や恋人の体を抱き寄せてセックスすれば、簡単に眠れるかもしれませんよ。

≪興奮すらできない夜は…≫

長い間同じ女性を横付けしていると、当然彼女の体に興奮できないこともあります。眠れない上にセックスもできないようでは、ストレスも倍になりますよね。スムーズにセックスできるために、あらかじめ何か準備をしておいた方がいいかもしれません。たとえばコスプレのグッズや、バイブレーターやローターを揃えておく…など。

あるいは、バイアグラなどの勃起不全治療薬を使って、その場を乗り切るという術もあります。クリニックや泌尿器科で処方してもらえるので、手に入れておきましょう。
最近では、バイアグラよりも早く効いて食事の影響もないということでレビトラというお薬が流行っているようです。レビトラについての詳細は浜松町第一クリニックというところが提供しているコチラのサイトが詳しく、そして見やすいです⇒https://www.hama1-cl.jp/ed2/ ※このサイトにある溶解速度の違いのページとか面白いので見てみて下さい。

≪相手に迷惑をかけないこと≫

セックスは、基本的に2人で仲良く行う行為です。気持ち良く眠っている相手を起こして無理やりプレイを始めるようなことがあってはなりません。そんな、「半強姦」のセックスは気持ち良くもなく、パートナーを不快にします。

マスターベーションでも、工夫すれば気持ち良く行えるはず。必ずしもパートナーとの交接にこだわることなく、「射精」を1つの目標として、性欲を発散しましょう。

女性の中にも、「セックスの後はよく眠れる」という方は多いのではないでしょうか? もし不眠に苦しむ夜があったら、パートナーが喜びそうなシチュエーションを作って、セックスに誘ってみましょう。2人で不眠の問題を打破すれば、絆もより深まるかもしれません。

Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.