心が落ち着く子守歌

眠れない夜には、音楽を聴いて気分を落ち着けてみてはいかがでしょう。聴く音楽を選べば、きっと心も安らぐはずです。もちろん、中には入眠に適さないものもあるので注意しましょう。いくつか寝入りに役立つ音楽、役立たない音楽を紹介しておきましょう。

≪ああ気持ちいい…子守歌≫

○クラシック音楽
やはりもっとも気分を落ち着けてくれるのは、クラシックではないでしょうか。ショパンやサティ、ドビュッシーなど印象派の音楽がおすすめです。水や月など、心を落ち着ける効果のある自然物をモチーフとした音楽が多く、聴いているとゆっくりと呼吸が楽になってきます。

○ビートルズ
ビートルズの楽曲も寝入りには適しています。普段から好んで聴いている人も多いでしょうが、彼らの楽曲はテレビやあらゆる施設内で日常的に流れています。「何となく知ってる…」という感覚が気持ち良く、眠りへと誘ってくれます。

○イージーリスニング
ファミレスや病院などでもよくかかっている、歌詞のない旋律だけの優しい音楽、イージーリスニングも寝入りにはぴったり。最近の流行曲から往年のヒットソングまで、いろいろな種類があるので、アンソロジーのCDを手に入れて、枕元で流してみましょう。

≪ストップ! それは子守歌じゃない≫

○日本語音楽
言葉の意味が分かる日本語の音楽は、あまり寝入りには適しません。「君と僕が云々…」という文章のような歌詞が耳に入ってくると、どうしても頭が醒めてしまいます。あえて言葉の意味が分からない音楽を選ぶのが、やはり鉄則でしょう。

○ヒップホップ
いくら言葉の意味が理解できないと言え、ラップ音楽を選ぶのもおすすめできません。大体のヒップホップは言葉数が多い上にメロディがほとんどなく、低音が強いので、脳も興奮してしまいます。また、特にブラックミュージックには過激な歌詞も多く、具体的な意味はわからずとも彼らの「怨念」が伝わってくる感じがして、寝入りを妨げます。

寝入りの音楽は、静かで、心が安らぎそうなものを選びましょう。失敗すると逆に眠気を吹きとばしてしまう恐れもあるので、くれぐれも注意してください。

Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.