最終奥義・寝酒

眠れない夜の最終手段、寝酒。酒飲みの人には効果はありませんが、お酒はあまり得意じゃない、という人にはアルコールはテキメンです。少量をおいしくいただいて、気持ち良くベッドに入りましょう。でも、毎日の寝酒は危険ですよ…!

どうしても眠れない人は、限定的に寝酒を試すのも良いでしょう。少量のアルコールを含んでベッドに入るだけで、落とし穴にはまるようにすこんと眠りに入れる人も少なくないようです。お酒はちょっと苦手だけど…という方にこそよく効く方法かもしれません。

≪酒飲みは禁物!≫

寝酒は、普段から飲酒の習慣がある人にはまったく効果がありません。お酒に対する耐性がついていると、ちょっとやそっとアルコールを含んだだけでは、酔うことすらできないでしょう。より多量のお酒が欲しくなり、頭が冴えてしまうこともあります。

お酒を飲み過ぎる方で不眠に悩まされている方は、逆にお酒を一晩だけ休んでみるなどの方法が効果的です。肝臓を労わることにもなるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

≪少量を、おいしくいただくこと≫

寝酒を飲むときには、あくまで無理をしてはいけません。身体的に酒を受け付けなくて、もし飲めば体中に発疹が出る、というような人にはこの方法はNGです。

寝酒は、「飲めなくはないけど、あまり得意ではない」、そんな人のための方法です。飲むときには、自分の好きな種類のお酒を選んでください。アルコールが強いものを選んだ方が良いいだろう…と好きでもないワインや焼酎に手を出す必要はありません。ベッドの中で吐き気に襲われる危険もあります。酎ハイやビールでも、本当にお酒に弱ければ1杯飲むだけで簡単に眠れるでしょう。

≪習慣にしてはいけない≫

寝酒は、一時的な対症療法です。決して日課にしてはいけません。やはり体に耐性ができて、不眠を深めてしまいます。過ぎたるは及ばざるがごとし。過度の飲酒は不眠につながるだけでなく、勃起不全などの一因にもなりかねません。もしそのような状態になってしまったら、バイアグラのようなED治療薬の利用を考えてみるのもいいでしょう。

何日も不眠が続くようであれば、2日おきに寝酒を試し、他の日には別の方法を試すなど、習慣にならないように工夫しましょう。基本的にお酒を飲んで得た睡眠の質は、あまり良くありません。寝酒は、奥の手として取っておくべきです。不眠よりも、アルコール依存の方がよほど危険。睡眠のためにアル中になっては、これは本末転倒というものです。



Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.