環境を変えて、安眠♪

環境を変える、というのも眠れない夜の有効な対処法。枕の位置を入れ替えたり、寝具を変えてみたり、眠る場所を変えてみたり…あらゆるパターンを試してみましょう。いつかあなたにぴったりの睡眠環境が見つかるはずです。

あなたの寝つきが悪いのは、もしかすると環境のせいかもしれません。少し枕の位置や布団の厚さを変えてみるだけで、嘘のように安眠できることもあります。いくつかの方法をテストして、ぐっすりと眠れそうな環境を見つけ出しましょう。

≪場所を変える試み≫

まず注目すべきところは、ずばり眠る「場所」です。毎日ベッドで眠っている人は、たまには地べたに布団を敷いて眠ってみると良いかもしれません。古来、日本人は固い床で眠ってきました。もしかするとあなたの中にも先人たちの習慣が残っているのかも…。

≪位置を変える試み≫

枕の位置を逆転させてみる、というのも環境を変えるための1つの手でしょう。いつもと別の方角を向いて転がるだけでも、なぜかすこんと眠れることもあります。北枕は絶対にダメ、という風水的な説もありますが、この際細かいことは気にせずに試してみましょう。

≪素材を変える試み≫

肌に触れる寝具の素材というのは、やはりとても重要な要素です。いつも化学繊維のものを使っている人は、木綿のものにチェンジしてみるなど、工夫してみましょう。

また、枕の厚さや柔らかさを変えるという試みも忘れずに。あるいは、布団の厚さが直接的に問題になっている可能性もあります。当たり前のことですが、夏でも冬用の羽毛布団に包まっていては、暑苦しくて安眠することはできません。急な不眠に襲われたときのために、あらゆる寝具は素材やシーズン別で、複数を準備しておくべきでしょう。
オススメは何と言ってもテンピュールのマットレスです。腰への負担も少なく横になってみると何とも言えない包み込まれたような感覚で安心して睡眠できます。調査によると寝返りの数も激減して熟睡できるというデータもあるとのこと。是非お試しください。

≪その他の試み≫

少し窓を開けてみる、あるいは閉じてみる。あえて真っ暗にせず、豆電球をつけた状態で眠ってみる…そんな環境の変化も、意外な睡眠効果をもたらすことがあります。何が吉と出るかは人によってさまざまでしょうが、すべて試して損をすることはないでしょう。

眠れない夜、いつまでも平生からのスタンダードな環境にこだわっていても、仕方ありません。結果として基本が一番、ということもあり得ますが、少し工夫するだけですぐに眠れることもあります。いろいろと試して、あなたに最適な環境を探してみましょう。いつもとはまた別の安眠パターンを知っておくと、眠れない夜にはとても便利です。



Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.