夢をみることで起こる働き

最近夢を見ましたか?しょっちゅう見るという人も、もう長い間見ていないという人もいると思います。しかし、どうして夢を見るのか考えてみたことはあるでしょうか。人が夢をみるのにはさまざまな理由があります。

≪夢を見るのはレム睡眠のとき≫

覚えているかいないかに関わらず、夢は毎晩見ているといいます。睡眠には眠りが深いノンレム催眠と眠りが浅いレム睡眠がありますが、夢を見るのはレム睡眠のときです。レム睡眠のときは身体は眠っているけれど脳は起きている状態で、脳がフル回転して記憶の経路を作っています。なのでレム睡眠時に起きると記憶の経路づくりが中断されて夢が記憶に残るのです。ただ、あまり多くの夢を覚えているときは眠りが浅い可能性もあるので、注意が必要です。

≪夢をすぐに忘れるのはなぜ?≫

レム睡眠のときに起きた場合でも、しばらく時間が建てば夢の内容はほとんど忘れてしまいます。忘れてしまう理由には諸説ありますが、夢のイメージを作り出している海馬に記憶を長期間記憶できない性質があるためであると言われています。また、夢の中での起こったことは生きる上で重要度が低いのですぐに忘れてしまうという説や、夢の記憶を覚えていると現実と混同してしまって生活に悪影響が出るからなどの説もあります。ただ起きた後に夢の内容を反芻したり、紙にメモしたりすれば長く覚えていることも可能です。

≪夢を見ることで記憶の整理やストレス解消ができる≫

夢を見る理由にはまず、脳の情報を整理するというものがあります。寝ている間に夢を見ることで必要な情報と要らない情報をわけ、要らない情報を排除しています。夢を見ている間に記憶を整理しているのです。

ほかにも、夢のなかで思いが具現化されることにより、日々のストレスを和らげる作用もあります。それが悪夢だった場合でも、寝覚めはよくないかもしれませんが、悪いものが具現化されることでストレスを減らすことができている可能性もあります。最近ストレスが溜まっているという人は、ゆっくり眠って夢を見ればすっきりできるかもしれません。

≪悪夢を見るのは主にストレスや寝苦しさが原因≫

夢のほとんどは起きるとすぐに忘れてしまうのに、悪夢に限ってなかなか頭から離れないことが多いようです。人間は強く感情が動いたときのことを忘れないという性質があるため、夢で恐怖を感じたときも記憶に残ってしまうのです。では、どうして悪夢を見てしまうのでしょうか。一番多い原因は精神的なストレスです。悩みがあってずっと考え続けていると、夢にも影響が出てしまいます。

また、寝る姿勢が悪く呼吸を上手くできないと、それが原因で嫌な夢を見ることもあります。狭い布団で寝ていると上手く寝返りが打てず苦しい状態が続いてしまうので、悪夢を見やすくなります。寝る姿勢に気をつけたり、寝具を変えるなどの対策をして安眠できるようにしましょう。

夢は記憶をランダムにつなげあわせることで見るものなので、悪い夢を見てしまっても気にする必要はありません。しかし、何度も同じ悪夢を見る場合には注意したほうがいいかもしれません。心的外傷後ストレス(PTSD)が悪夢という形で出てきていたり、抑うつ傾向を表していることもあり得ます。もし悪夢が長期間続く場合は、心療内科などで診てもらうと原因がわかるかもしれません。