眠る直前は何も食べないようにしよう

食事も睡眠も、生活の基本ですが、単に食べて寝るだけでは健康的な生活とはいえません。いつ食べていつ寝るかのタイミング、つまり生活のリズムを考えることはとても重要といえるでしょう。

単に睡眠といっても、十分な時間とベッドに入るタイミングを考えることが大事です。また、食事の時間にも気を使うべきで、眠る前はできるだけ何も食べないように心がけましょう。睡眠中、消化されないまま胃の中に食べ物が残ってしまうと、寝付きが悪くなるだけでなく、胃もたれの原因ともなります。

≪夕食の時間はいつ?≫

遅い時間まで仕事をしていると、夕食の時間がつい遅くなってしまいがちです。仕事が終わってからの食卓となる人は、食べてすぐベッドに潜り込んむという生活パターンを繰り返しているのではないでしょうか。

食べた後すぐ横になってしまうと、お腹が苦しくならないでしょうか。寝心地はそんなに良くなくても、仕事終わりの疲れと満腹感からくる眠気で、いつの間にかまどろんでしまうでしょう。体は意外と眠れているようでも、胃の中は大量の食べ物が残されたまま、朝を迎えます。消化不良を起こして胃もたれの原因となってしまうのです。

また、胃もたれを起こして寝ている途中、気持ち悪くなって目が覚めてしまうこともあります。一度目が覚めるとなかなか眠れないという人も多いでしょう。十分な睡眠を取っていないと、明日への仕事や活動に当然、支障が出ます。

安眠や健康、体調のことも考え、寝る直前はできるだけ夕食を取るのは控えるようにしましょう。どうしても夕食が遅くなったら、なるべく時間を置いて寝るのが大事です。

≪間食はNG≫

夕食の時間があまりに早く、睡眠の時間まで空いてしまうと、小腹が空いてつい間食を摂ってしまうという人も多いでしょう。せっかく適度な時間で夕食をとり、規則正しく時間のサイクルを送っていても、寝る直前間食におやつやデザートなどを腹に入れてしまえば、たとえ安眠できても体には決してよくありません。

ベッドに入る前の間食は避けましょう。どいしてもお腹がすいて逆に眠れない、という人は、できるだけ消化の良い食べ物を選んで胃の中に入れるようにするのがベストです。

≪夜食も控えて≫

「腹が減っては戦はできぬ」といいます。受験勉強に忙しい中高生などは、夜の遅い時間に食事を取って勉強に励んでいることでしょう。そんな夜食をとりながら机の前に向かう学生には酷かもしれませんが、やはり睡眠のことを考えると不規則な時間での食事は避けて欲しいところです。

受験生とはいえ、睡眠は必要です。きちんと眠っていないと、頭も働きません。夜遅くまで勉強するより、早朝に起きて勉強するやり方をお勧めします。夜は早めに寝ることで十分な睡眠を保ち、早く起きて空いた時間を使って勉強すると効率ははるかにあがります。もちろん、朝食をきちんと摂ることも忘れてはいけません。

≪生活リズムを考える≫

「快適な睡眠を維持するには、規則正しい生活を送ることが大事」とよくいわれます。口でいうのは簡単ですが、いざ実行するとなるとなかなか実現できません。なぜなら、その人の生活リズムというのは昨日今日に出来上がったものではなく、長い歳月を重ねて形成されたものだからです。この状態を一朝一夕に改善することは困難でしょう。

いきなり生活習慣をがらりと変えるのが難しければ、まずは寝る直前に何も食べない、という簡単な目標からはじめてみるといいでしょう。百里の道も一歩から、という諺の通り、地道にコツコツやって健康的で快適な睡眠生活を目指しましょう。

Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.