煙草と酒は控えるべし

煙草と酒は、安眠の敵です。どれだけ寝苦しくても、手を出してはいけません。より頭が覚醒してしまい、睡眠が困難になります。また、一時的に眠ることはできても、質の悪い睡眠なので、体も脳もしっかりと休まりません。

煙草や酒のやりすぎは、ダイレクトに不眠につながります。眠る前の楽しみにしている人もいるかもしれませんが、節度を弁えて嗜むようにしましょう。嗜好品に睡眠時間を奪われるのは、あまりにもバカらしいことです。煙草・酒に振り回されてはいけません。
飲酒と喫煙が睡眠に及ぼす悪影響 | 快眠ガイドブック

≪煙草と不眠の密な関係≫

煙草を吸うと、胸が苦しくなる、と実感している人も多いのではないでしょうか? 喫煙は血管の収縮を発生させ(つまり血圧を上昇させ)、鼓動を早めます。身体的な興奮状態に陥ってしまうわけです。激しい運動をした後と同じ状態なるので、これでは眠れるはずもありません。また、煙草に含まれるニコチンはアドレナリンの分泌を促し、脳までも覚醒状態としてしまいます。

煙草を吸うと眠れるんだけどな…という人もいるでしょう。確かに、必ずしもすべての人が煙草で不眠になるわけではありません。しかし、煙草によって得られる睡眠は、レム睡眠と言われる浅い眠りです。レム睡眠では、心身の疲れを取ることはできません。

≪酒が悪くする睡眠の質≫

少量のお酒は、寝入りに良い効果をもたらすと言われています。自制できる人ならば、多少呑んだところで問題はありません。しかし、呑み過ぎはやはり禁物です。昏倒して眠れる場合もありますが、夜中に目が覚める回数も増え、排泄や水分補給に時間を奪われることになります。また、煙草によって得る睡眠と同じで、酒での睡眠もきわめて低質。疲れを取るどころか、二日酔いを残し、体をよりハードな状態にしてしまうこともあります。

また、酒は他にも人体にいろいろな悪影響をもたらします。肥満、血糖値の上昇、EDなど…つかの間の睡眠を手に入れるために、わざわざ不健康になる必要もありません。

あなたの不眠は、もしかしたら、酒と煙草から来ているのかも…。少しでも寝苦しさを感じているのなら、減らしておくに越したことはありません。寝苦しい夜、どうしても欲しくなる嗜好品ではありますが、ぐっとこらえましょう。煙草や酒によって得られる低質な睡眠よりも、ぐっと辛抱して得た短い眠りの方が、体にとってはよほど健康的です。

Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.