睡眠を妨げるブルーライトをカットするにはどうしたらいい?

夜寝る前にテレビや携帯などの液晶画面を見ないほうが良いとよく言われますが、その原因になるのがブルーライトです。ブルーライトを大量に浴びると睡眠を促す物質が生成されにくくなり、眠りが浅くなります。最近寝付きが悪いという方や、眠っても疲れがとれないという方は、もしかするとブルーライトの浴びすぎが原因かもしれません。

≪ブルーライトとは≫

ブルーライトとは、人間の目で見ることのできる光の中でもっとも強いエネルギーを持った光です。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明に多く含まれています。ブルーライトが目に入ると、脳内で睡眠を促すメラトニンという物質の生成が抑制されるので、目が冴えて眠りにくくなってしまいます。また、光が網膜まで届いてしまうので目を疲れさせる原因にもなります。

液晶画面だけでなく、コンビニなどの明るい場所に行ってもブルーライトをたくさん浴びてしまいます。リビングの電気を浴びるだけで眠りにくくなってしまうこともあるので注意が必要です。

ただし、ブルーライト自体が有害なわけではありません。目を覚まさせる効果があるので、朝、青空を見てブルーライトを吸収すればすっきりと起きることができます。体内時計が狂ってしまった場合にも、起きてすぐにブルーライトを浴びることで脳が朝だと認識することができ、規則正しい生活に戻しやすくなります。浴びすぎなければメリットもあるのがブルーライトです。

しかし、現代の生活ではスマートフォンやパソコンを使う機会が多く、省エネ化のためLED照明を使う建物も増えたため、浴び過ぎになりがちです。大量に浴びることで、眼精疲労や睡眠不足を招くので、カットできるところはカットしましょう。

≪ブルーライト対策をする方法≫

光が過剰な現代の生活でブルーライトによる被害を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか。対策する方法を紹介します。

・ブルーライト対策メガネをかける
メガネ屋さんではブルーライトを遮断する機能の付いたPC用のメガネを販売しています。パソコンだけでなくスマートフォンを使うときにも有効です。商品によって何%カットできるかは変わり、多くカットできるメガネはその分レンズの色が茶色がかります。色が気になる人はカット数が低いものを普段使用して、長時間画面を見るときなどはカット数の高いものに掛け替えると良いかもしれません。最近ではコンビニや100円ショップでも売っていることがあるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

・ディスプレイの明るさを調整する
わざわざメガネを買うのは大変だという人は、ディスプレイの明るさを下げるだけでもブルーライトを軽減できます。画面が少し暗くなってしまいますが、使っているうちに慣れるので、見えにくくならない範囲で輝度を下げましょう。設定すれば青色光のみを減らすこともできます。

・ブルーライト対策フィルムを貼る
画面にブルーライトカットフォルムを貼るのも効果的です。スマートフォン用なら1000円~2000円ほど、パソコン用なら5000円~10000円ほどで購入できます。画面を見るときにいちいちメガネを掛けるのが面倒だという人はフィルムの方を試してみてください。ただし、貼ると若干画面が茶色がかってしまうので注意しましょう。



Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.