メリットたっぷり! バーでの1人飲み

どうしても眠ることができなければ、いっそのこと1人で飲みに出かけてみてはいかがでしょう? 集団での暴飲は避け、いつもとは環境を変えて、バーで静かにお酒を嗜んでみてください。もしかすると、刺激的な異性との交流が待ち受けているかも。

≪しっくり来る中高年の1人飲み≫

若い男性の方には、あまりバーでの1人飲みは似合いません。もちろんNGというわけではありませんが、飲む場合も若向けのお店を選ぶなど、工夫はしたいところです。

深夜のバーに出かけても不自然でないのは、やはり40代・50代になってからではないでしょうか? 俗にオーバーエイジと呼ばれる年代なら、静かなバーでの1人飲みは、むしろ一度は経験しておきたいところです。不眠に悩まされているアラフォー・アラフィフの方で、お酒を飲む習慣がある人は、ぜひとも今夜、街に出て試してみてください。

≪身近なバーを見つけておこう≫

バーを探してぐるぐると街を歩き回るようなみっともない事態は避けたいところです。1人飲みがしたくなったときのために、身近な場所でバーを見つけておきましょう。常にそこまで混雑しておらず、悠々とお酒を飲めるお店がおすすめです。ガールズバーでも構いませんが、欲望で体がざわざわすることもあるので、自制できない方は避けましょう。

≪ベッドのチャンスがあるかも…≫

バーで出会った相手と刺激的なワンナイトラブにありつければ、自然に眠ることができるでしょう。実際、バーにはパートナーを求めてやって来る人たちも少なくありません。

中高年の男性はベッドでの失敗をなくすために、バイアグラに代表される勃起を手助けしてくれる薬は準備しておきましょう。「俺はまだまだ大丈夫!」という男性も、初対面の女性が相手では、緊張のために性器が言うことを聞いてくれないこともあります。バイアグラはクリニックで処方してくれるので、時間があるときにでも貰いに行っておきましょう。

バーの落ち着いた雰囲気の中で飲むお酒は、きっと眠気を高めてくれます。また、仮に異性との出会いがあれば、睡眠と共にセックスも手に入ります。何気にメリットも多いバーでの1人飲み、最初は気恥ずかしいかもしれませんが、チャレンジしてみませんか?



Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.