睡眠状態を改善してくれるアプリの紹介

今の時代は幸か不幸か、スマホ一つで何でも出来てしまう世の中です。スマホがなければ生活に不便を来す人も多いでしょう。そんなスマホの万能性は、不眠問題にも波及しています。

ゲームや情報関連など、豊富で多彩なソフトを開発するアプリ制作の各会社は、不眠で悩む人たちに向けた睡眠改善アプリを提供しています。今回は、そんな不眠対策に有効かもしれない魅力あるアプリをご紹介します。

≪スマホが手放せない時代≫

今の世の中、スマホなどの携帯電話があれば情報の検索、ショッピングや払い込み、または出会い探しまで、日常生活の大抵のことは指先一つの操作で完了してしまいます。そんな時代ですので、スマホ依存症の人が増えて社会問題化しているという側面も抱えています。

しかし、そのスマホのユーティリティを活かし、誕生したのが睡眠改善アプリです。ユーザーがスマホを操作しながら、快適な睡眠状態が保てるように開発されたもので、現代社会の病の一つである不眠症撲滅の鍵を握るかもしれません。

≪スリープパートナーβ≫

スリープパートナーβはユーザーの生活改善をサポートするために開発されたアプリです。ボタン一つで、適切な睡眠管理を整えてくれる優れもの機能が売りといえるでしょう。

眠れない人はつい布団の中でスマホを操作しがちですが、「寝る目標時間」を設定しておくと、その時間の3時間前に自動的にブルーライトをカットした画面に切り替わります。ブルーライトカットによって自然と眠りに入れる状態を整えてくれるというわけです。

そして、寝る目標時間になると、画面上に羊の大群が登場。操作の邪魔をはじめます。羊を一匹一匹つまんで排除しても次から次に現れてくるので、ラチが飽きません、そうこうするうちに疲れも出て、スマホを脇に置いて眠るしかないという状態になるわけです。

朝になれば、起床時間に設定した時間通りにアラームがなります。聞こえてくるのは心地よい鳥のさえずり。ここまで律儀に働いてくれたら、起きないわけにはいきませんよね。

≪Sleep Better with Runtastic≫

睡眠管理のために働いてくれる優良なアプリが登場しました。本アプリを使うことで、自身の睡眠状態が可視化され、何が問題でどこを改善すればいいのかが一目で分かります。

まず、眠る前に健康状態を記録します。運動量やアルコールの量をアプリに記録させ、その後の睡眠時間によって体にどんな影響を与えてくれたのか分かるようになっていますから、まずは安心して眠りましょう。

設定した起床時間にアラームがなり、起きて画面をチェックしてみてください。前夜の睡眠の質や状態が数字で表示され、良く眠れたのかどうかが科学的に把握できるというすぐれたシステム。毎日そんな調子で睡眠状態を管理していけば、どこが悪くてどこを改善すればいいのか自分なりにチェックできるわけです。

≪その他にも、不眠解消に役立つアプリが盛りだくさん≫

不眠症は日本の国民病ともいわれ、分かっているだけでおよそ1,500万人以上の人が何らかの原因で睡眠に関わる問題を抱えているといわれます。実際に不眠に悩む方にとって、どんな手段でもいいから、わらをもすがる思いで眠れない夜を解消したいことでしょう。

スマホ隆盛を極める時代ですので、睡眠改善に役立つスマホアプリというのも出てきました。今回紹介したソフトの他に、同様のアプリはたくさんあります。日頃スマホを利用しているあなたも、アプリをダウンロードして試してみる価値はあるでしょう。ひょっとしたらこのすぐれた機能によって久しぶりに気持ちのいい朝が迎えられるかもしれません。

Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.