眠れない夜の果てへの旅

不眠…予防法と対処法を紹介します

不眠…これほど辛いことも、他にありません。寝苦しい夜には、気持ちも暗くなり、嫌なことも考えてしまいます。精神的にも体力的にも辛い不眠、いろいろな方法で解決していきましょう。予防法と対処法を紹介します。

疲れていて、眠いのに、なかなか眠れない…そんな日は、誰でも1度は経験していることでしょう。頭と体が思うように言うことを聞いてくれないのは、とても辛いものです。あまり長く不眠の状態が続くと、体力的にも、精神的にも消耗してしまいます。「もう睡眠はあきらめよう」と開き直ることなく、安眠のためにできるだけのことはやってみましょう。

<心身共に疲労させること>

体がぐったりと疲れていても、頭がばっちりと冴えていて眠れない。また、頭は完全にダウンしているのに、体がむずむずとして眠れない。不眠にも、大きく分けてそんな2つのパターンがあります。前者は体を使う作業系の仕事をしている人に多く、後者はデスクワークの人に多いことでしょう。安眠のためには、脳と体をどちらも疲れさせる必要があります。しかし、毎日の生活の中で2つをバランス良く疲労させるのは、なかなか困難です。

だから眠れない夜は…

日中に快活に活動して心地よく疲労し、夜はぐっすりと眠る…これが理想です。しかし突然の不眠を避けることはできません。そんなときには、自宅でやれるだけのことを試すしかないでしょう。たとえば、「大丈夫、きっと眠れる」と自己暗示を利用して、眠りへと入っていく。あるいは、少しだけお酒を飲んでみる。また、お風呂で汗を流し、体を温まらせる…。少しの行動で、それまでの寝苦しさが嘘のようにすこんと眠れる夜もあります。
また、男女共に性的な欲求が溜まっていると、なかなかすぐに安眠できません。マスターベーションも立派な寝入りの儀式となります。また、パートナーとセックスをするのもアリでしょう。身近に異性がいないならば、出張型の風俗を利用するという手もあります。

<気楽に行こう、気楽に>

よほどひどい不眠でない限り、何日も続けて眠れなくなることはありません。じっと目を瞑って、規則正しく呼吸していれば、いつの間にか眠りに落ちているものです。確かにその日は多少の睡眠不足に悩まされるかもしれません。しかし、翌日の睡眠で取り戻せばいいだけの話です。気長にベッドに入っていれば、必ず眠れる瞬間はやってきます。
このサイトでは、安眠のためのハウトゥをいろいろとご紹介していきましょう。不眠に苦しんでいる方はもちろん、毎日何となく熟睡した気分がしない人も、必見です。

仲睦まじく交われば

仲睦まじく交われば

エッチなお店で眠気を誘う

エッチなお店で眠気を誘う

最終奥義・寝酒

最終奥義・寝酒

コーヒーでは眠れない

コーヒーでは眠れない

Copyright© Insomnia Solution All Rights Reserved.